老後の生活費・ガイド HOME  > 老人ホームについて

■ 老人ホームについて

有料老人ホームは、制度上では3つに分類されます。


有料老人ホームには、おおまかには3つのタイプがあります。


1.健康型有料老人ホーム
 健康であることが入居の条件となります。介護が必要になった場合は退去しなければなりません。食事の支度が面倒、一人暮らしは寂しい、不安だ、といった人を対象に作られた施設です。ホテルのような豪華なつくりで、レストランやプール、温泉などを併設している施設もあります。


2.介護付有料老人ホーム
 介護が必要となった場合、介護サービスは有料老人ホームのスタッフが提供してくれます。ほとんどの有料老人ホームが採用しているタイプです。外部サービス利用型に対応する形で、「一般型」とも呼ばれます。


3.住宅型有料老人ホーム
 要介護になった場合、原則、訪問介護を利用します。通常の介護付き有料老人ホームの次に多いタイプです。バリアフリー仕様に食事と生活支援が付いたところが住宅型の特徴です。外部事業者のサービスのみに介護保険が使えますので、常駐の職員による介護の提供はありません。しかし、近隣に外部事業者を置き、介護付き有料老人ホームとほぼ同じように振る舞う施設も増えています。





それでは次へどうぞ ≫ “年金について”


≪ ひとつ前 “老後の住まい” に戻る






このページのトップへ